明石弦楽四重奏団について

明石弦楽四重奏団は地域への貢献、そして音楽文化の発展に寄与することを目標とし、明石にゆかりの深い4人のメンバーによって2017年1月に結成されました。様々な機会において、アマチュアの枠を超えた質の高い演奏を提供できる、地域に根差した弦楽四重奏団となることを目指します。

2017年9月には、“ひとつぶのたねクラシックコンサート”を最初の舞台として迎え、1つの目標であったシューベルトの弦楽四重奏曲“死と乙女”を演奏させて頂きました。普段は明石フィルハーモニー管弦楽団(外部リンク)の一員として60人を超える仲間と共に演奏をしていますが、管楽器も打楽器も更には指揮者もいない、ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器に限った小さな編成であるからこそ達成可能な“音の調和” “フレーズの柔軟性” “揺るぎない結束”があることを信じ、その達成を目指して日々情熱を注いでいます。

The Akashi String Quartet was formed in January 2017 by four members who are related to Akashi, with the aim of contributing to this area and developing the music culture. We aim to become a string quartet deeply rooted in this community that can provide high-quality performance beyond the amateur frame at various opportunities.

In September 2017, we had the "HITOTSUBU NO TANE" (One Seed) Classical Concert as the first stage and we played F. P. Schubert 's string quartet No. 14 "Death and the Maiden" which was one of our objectives.

We are usually playing as a player of the Akashi Philharmonic Orchestra (External link) with over 60 players. We believe that "harmony", "flexibility" and "unity" are achievable beyond the orchestra and we are aiming for it. Because we are a small group of violin, viola and cello. We will make efforts so that it will come true.

メンバー紹介

第1ヴァイオリン

藤澤 毬絵

1st Violin Fujisawa Marie
第2ヴァイオリン 藤本 雅代
2nd Violin Fujimoto Masayo
ヴィオラ 安部 薫
Viola Abe Kaoru
チェロ 岡田 弥月
Cello Okada Mizuki

♪スポンサー紹介♪

明石弦楽四重奏団はこれら地元企業のみなさまに支援いただいて活動しています。

株式会社立神工業様

明石土建工業株式会社様

ライブハウス&レストランPochi様

有限会社岡防水工業様